ホテルの料金はなぜ変動する?|安く泊まる方法も【元ホテル支配人が解説】

ホテル
tomoko
tomoko

前に友達と泊まったホテル、もう一度予約しようとしたら料金が全然違ってました。

なんでですか?

tomo
tomo

宿泊する日にちによって、ホテルが料金を変動させているからですね。

なぜこのようなことをするのか解説しますね!

「この記事をオススメする人」

ホテルの料金が変わる理由を知りたい人

安くオトクに泊まりたい人

「この記事を読んで分かること」

ホテルの料金が変わる理由や、安くオトクに泊まる方法が分かります

「結論」

料金が変動する主な理由〜

「ホテルは一日に販売できる客室数に上限があるため、宿泊料金を増減させることで利益を上げている」

安く泊まる方法〜

・「宿泊需要が低い=ホテルが安くなる」ことを理解し、その上で下記の方法を使う

・必ずネット予約する

・早めに予約する

・オフィシャルサイトをチェックする

料金比較サイトは消費税・サービスに料も含めた総額に注意する

・各サイトのセールを活用する

ホテルの料金が変動する理由

結論からいうと、在庫の増減ができない代わりに、宿泊料金を増減させて、利益を上げているからです。

例えば、ゴールデンウィークなどの長期休暇に旅行する人は多いですよね。

ホテルにとっても、旅行客が増えるゴールデンウィークは一番の稼ぎ時です。

でも旅行客がたくさん泊まるからといって、100室のホテルがいきなり200室にできるかというと、それは無理な話ですよね。

もしこれがケーキ屋の話であれば、クリスマスなどの需要が高い日に合わせて、あらかじめ在庫を増加させておくことができます。

しかし、ホテルはケーキ屋のように需要があるからといって、その度に客室を増改築することはできません。

そのため、ゴールデンウィークなどの需要がある日には、在庫ではなく宿泊料金を上げて利益を確保し、逆に需要がない日は宿泊料金を下げて、常に利益が出るよう調整しているのです。

tomo
tomo

ちなみに、tomokoさんが今度ホテルに泊まる理由って何ですか?

tomoko
tomoko

大好きなアーティストがドームでコンサートをするんです!

tomo
tomo

じゃあ、そのコンサートが宿泊料金に関係しているかもしれません。

tomokoさんと同じ理由で、そのホテルに泊まるお客様が多いはず。

つまり、イベント需要があるからホテルも料金を上げて、利益を上げようとしているのです!

tomoko
tomoko

何か足元見られているようでイヤだなあ

tomo
tomo

ホテルも慈善事業じゃなくて、一企業ですからね。

会社である以上、利益を上げるのは当然です!

また、上記のようなイベントだけではなく、曜日によっても料金は変動します。

例えば一般的なビジネスホテルであれば、一番安いのは日曜日、次に安いのが月曜日という傾向があります。

ビジネスホテルのメインターゲットは出張するサラリーマンです。

日曜日にビジネスホテルに泊まるサラリーマンは少ないでしょうし、休み明けの月曜日からいきなり出張に行くサラリーマンも少ないと考えられます。

では、週末の土曜日はどうでしょうか?

土曜日は出張で利用する宿泊客はほとんどいないでしょう。

したがって、ビジネスホテルは週末はレジャーをターゲットにしている所がほとんどです。

また、京都、沖縄、北海道といった観光地にあるホテルは、季節によって料金を変動させているホテルもあります。(主にレジャー系のホテル)

京都なら紅葉の秋、沖縄ならマリンレジャーの夏、北海道ならウインタースポーツの冬といった具合です。

つまり、端的にいうと「宿泊料金が安くなる日=宿泊の需要が低い日」ということ。

逆にいえば「宿泊料金が高い日=宿泊の需要が高い日」ともいえます。

ホテルに安く泊まるためには、まずこれらの料金が変動する理由を知っておく必要があるのです。

ではこれらの理由を知った上で、次はどうやって安くホテルに泊まれるかを、具体的に紹介しますね。

安く泊まる方法① ネット経由で予約する

ホテルを予約する手段としては、主に3つあります。

①駅などにある旅行代理店を通して予約。

②電話またはホテルのフロントで直接予約

③ネット予約

元ホテルの支配人である自分が断言すると、一番安く予約できる方法は③です。

③のネット予約のみ、他の2つとは決定的に違う所があります。

それは、③のみがスタッフではなく「自分自身で予約をしている」こと。

①は旅行代理店のスタッフが、②はホテルのスタッフがそれぞれ予約客の情報を聞いて、代わりに予約をします。

しかし③のネット予約に関しては、予約客が自分自身で必要情報をサイトに入力し、予約を完了させます。

つまりホテルにとっての「予約を入力する」という手間がかかっていない分、ネット予約の方が宿泊料金を安くできるのです。

注意点:ネット予約する時は、まず〇〇を見る

tomko
tomko

なんだろう・・・

料金比較サイトですか?

tomo
tomo

料金比較サイトを見てもいいですが、その前にまず見てほしいのがホテルのオフィシャルサイトですね!

「トリバゴ」や「トラベルコ」などのいわゆる料金比較サイトを使うのも有効ではありますが、料金比較比較サイトにはデメリットもあります。

・サイトによって、税サ込と税サ別が混合する場合があり総額を把握しづらい

・OTA(オンライン専用の旅行会社)の料金は表示されるが、オフィシャルサイトの料金はほとんど表示されていない

ホテルにとって、OTAを使って集客するのとオフィシャルサイトを使って集客するのでは、後者の方が手数料をかけずに集客できます。

OTAに支払う手数料のは、ホテルにとって大きな支出となります。

オフィシャルサイトは手数料がない分、料金を安くできるのです。

オフィシャルサイトがないホテルもありますが、チェーンホテルやある程度の規模のホテルなら、必ずオフィシャルサイトがあります。

しかもオフィシャルサイトなら宿泊料金が安いだけではなく、滞在時間の延長などオフィシャルサイト限定の特典が付くこともあります。

安く泊まる方法② 早く予約する

宿泊日が確定したら、早めに予約を入れることで安く宿泊できます。

基本的にホテルの宿泊料金は、当日に近づけば近づくほど、高くなる傾向にあります。

なぜなら、当日に近づくほど宿泊の需要が上がるため。

宿泊需要が高い→宿泊料金は高

宿泊需要が低い→宿泊料金は安い

上記の通り、需要が高くなる前に早めに予約するのがポイント。

ホテルによっては「早割プラン」などの割引プランも用意されていますので、有効に活用しましょう。

tomo
tomo

ただし需要が高いと予測できる日(GWなど)は、最初から高値で設定されています

ホテルは空気を泊めていても1円にもなりません。一番収益が得られる形で満室にするのが目的です。

tomoko
tomoko

確かに10円で販売したらきっと満室でしょうが、それじゃ赤字ですよね

またホテルにとって直前に多くの空室を抱えることは、適切な販売方法とはいえません。

1ヶ月前、半月前、1週間前、3日前と宿泊料金を調整しながら徐々に空室を埋めていき、当日に満室となるのが理想です。(レジャーホテルなど例外もあります)

「ホテルの客室販売の考え方」

・1ヶ月前に満室になった→需要が高い日なのに料金を安くしすぎた→✕

・当日に多くの空室を抱えてしまった→料金が高すぎて売れ残った→✕

・早く満室にならないように段階的に料金を調整し、当日に満室となった→◯

tomoko
tomoko

でも、たまに当日の方が料金安くなったりしていることありません?

tomo
tomo

恐らくそれは当日までに空室を捌けなかったため、仕方なく料金を下げてるパターンですね

当日に多くの空室を残してしまい、仕方なく値下げしているホテルをよく見かけます。

しかしこの方法を続けた場合、宿泊客から「どうせ当日に安くなる」と思われてしまうため、ますます当日にならないと部屋が売れなくなります。

またせっかく値下げ前に予約してくれた人が損するため、顧客満足度の低下にもつながるでしょう。

tomoko
tomoko

需要に合わせて適切な料金で売るって、すごく難しそう・・・

tomo
tomo

業界用語でレベニューマネジメントといいますが、これを解説すると固い内容になるので詳細は割愛します(笑)

安く泊まる方法③ セールを利用する

各OTAではいわゆるバーゲンセール的なものが開催されおり、セールを活用することでオトクに宿泊できます。

セール期間中は大幅に宿泊代金が値引きされますので、各OTA毎のイベントの時期と内容をチェックしておきましょう。

すべてのOTAを紹介するとかなりの長文になるので、ここではもっともポピュラーな「楽天トラベル」と「じゃらんnet」のセールを紹介します。

OTA(Online Travel Agent)

インターネット上のみで取引を実施する旅行会社のこと。

楽天トラベル、じゃらんnet、Booking.comなどが有名。

楽天トラベル「楽天スーパーセール」

基本的には、3の倍数の月にセールが開催されています。(2021年3月時点)

何と言っても割引率50%などのスーパーセール限定のクーポンが魅力で、期間限定の割引プランも販売されます。

ただし全てのホテルがスーパーセールに参画している訳ではなく、参画していないホテルに関しては特典がない場合もありますので、予約する前に確認が必要です。

じゃらんnet「じゃらんスペシャルウィーク」

じゃらんnetが、2019年より開催しているビッグセールです。

こちらは楽天スーパーセールとは違い、具体的に開催される時期は明確になっていません。

しかし、じゃらんnetと楽天トラベルが悟空とベジータのようなライバル関係にあることを考えると、じゃらんスペシャルウィークは楽天スーパーセールと同時期に開催されると予想できます。

楽天スーパーセールと同様に、ビッグセールならではのオトクなクーポンが配布されたり、セール時期限定の宿泊プランが販売されたりします。

ただしこちらもセールに参画していないホテルがありますので、そこは注意が必要です。

まとめ

ここまで、ホテルの宿泊料金が変動する理由と、その理由を踏まえた上でホテルに安く泊まる方法を紹介してきました。

最後にもう一度、内容をまとめます。

料金が変動する主な理由〜

「ホテルは一日に販売できる客室数に上限があるため、宿泊料金を増減させることで利益を上げている」

〜安く泊まる方法〜

・「宿泊需要が低い=ホテルが安くなる」ことを理解し、その上で下記の方法を使う

・安く泊まりたいなら、必ずネット予約をする

・早めに予約する

・まずオフィシャルサイトをチェックする

料金比較サイトは消費税・サービスに料も含めた総額に注意する

・各サイトのセールを活用する

tomoko
tomoko

宿泊の需要が低い時に、オフィシャルサイト経由で予約する。

セールがある時期は、セールも上手く活用する。

これで完璧ですね!

tomo
tomo

もちろんホテルは宿泊料金が全てではないですが、それでも安く泊まれた方がいいですよね!